カテゴリメニュー
ドンドルマ/どんどるまん(3)
コーヒー&ジェズベ(6)
トルコチャイ(3)
トルコのお菓子(7)
オリーブ/ジャム/缶(3)
水タバコ(シーシャ)
グラス&カップ(25)
フルーツジュース(1)
オリーブ石鹸(4)
ビール・トルコワイン(18)
その他トルコ雑貨>>(28)
フルーツティー(2)
ピックアップ!
 テキルダア・ラク "トラキア" Tekirdag RAKI TRAKYA 700ml トルコのお酒【トルコお土産】箱付<br>エスニック食材 輸入食品 海外 洋酒 お酒 リキュール】
テキルダア・ラク "トラキア" Tekirdag RAKI TRAKYA 700ml トルコのお酒【トルコお土産】箱付
エスニック食材 輸入食品 海外 洋酒 お酒 リキュール】

3,300円
ご案内
ご利用方法
お支払について
配送・返品について
プライバシーについて
法律に基づく表記
会社概要
総額表示について
お問い合わせ
実店舗
お店はこちら


メール返信定休日
2営業日カレンダー2
姉妹店のご案内
キリム&オリエンタル雑貨 ガラタバザールへ
キリム販売
ガラタバザール

インプレッションオブギャッベ
ギャッベ専門店


歴史と香りのトルココーヒー


トルココーヒーの歴史

イスタンブールへ伝えられたコーヒー
アラビア半島の南端・イエメンの領事だったウズデミル・パシャが、薫り高いコーヒーを見つけたのは450年も前のこと。
彼がコーヒー豆をイスタンブールに持ち帰ると、コーヒーを飲む習慣は宮殿から庶民まで、瞬く間に広がったのです。

イスタンブール初のコーヒーショップ
イスタンブールに初のコーヒーショップがオープンしたのは1554年のこと。コーヒーショップは広く社交の場となり、文化や芸術にも大きな影響を与えました。
「ローストしたコーヒー豆通り」の意味のTAHMIS SOKAKは、今でもその名前を残しています。

ベネチア・マルセイユから世界へ伝わったトルココーヒー
トルココーヒーは、すぐにヨーロッパへ広がってゆきます。最初はベネチア、マルセイユ…そしてそこから世界中の国へ伝えられたのです。


時のスルタン・メフメット6世から送られたフランス大使スレイマン・アーが、パリにトルココーヒーを持ち込んだのは1669年。彼は、フランス上流階級の人々に、コーヒーのさまざまな話題とともにトルココーヒーを振る舞い、もてなしたと伝えられています。

フランス上流階級へもコーヒーが伝わる

メフメットエフェンディ社・1871年創業
メフメットエフェンディ社は1871年に創業しました。130年以上が過ぎた今日でも、トルココーヒーのおいしさを世界にお届けしています。